2009.02.14 達郎対談2005

tat_sweat.JPG


去年からツアー中の山下達郎

久々のツアー記念ということで2005年に脳宅で収録されたものの
お蔵入りしていた山下達郎対談をUPします。
参加メンバーはCRYSTAL(Traks Boys)さん、脳(PPP/××)、KES(PPP/PALM STREET/GOLD EXPERIENCE)、MR.MELODY(PPP)の4人。
クリスタル、ケス両氏はファンクラブに入会しているほどの達郎ファン。
今回のUPに関して快く了承していただいたCRYSTALさんに感謝です(今回の達郎ツアーも行ったとか!)

対談は日曜の昼から【サンデー・ソング・ブック】~レアな音源etcを聴きながら行われました。

=================================================================

MR.MELODY(以下M):いつごろから達郎聴きはじめました?

CRYSTAL(以下C):ちゃんと聴いたのは2003年頃からかな。その前から気にはなっていたんだけど。
毎年恒例の笹塚忘年会で脳くんと話した気がするんだけど。

脳(以下N):そのころ達郎のトレーナー着てたから。

C:脳くんがイリーガルに達郎トレーナー作ってて。おれがドアを開けたら「ほら」って着てて(笑)

一同:(爆笑)

N:その時、達郎気になるんだよねとか言ってたよね。

C:でもその時はまだ聴いてなくて、「アカペラとかサンプリング出来るよ」とか教えてもらって(笑)
そのあとTSUTAYAで『JOY』借りて一気にはまって。

*********************************************************************************************************

KES(以下K):昔のラジオを(ネットで)落とすようになってからガッとはまったよね?

N:そうそう。【棚からひとつかみ】のOLDIES特集とか。
 あと重要なのは80年くらいの坂本龍一『サウンド・ストリート』に達郎がゲストで出た回かな。
 それ聴いてオールディーズとG-FUNKとかチカーノラップとの近似性がわかったっていうか。

M:系統的に理解しちゃったんですね(笑)

N:それで達郎トレーナー作ってパンチパーマかけてセカンドバック持ってクラブ行ってた。
色々解釈していくうちにワケわかんなくなって(笑)

==================================================================

M:ファンクラブ入るきっかけは?

K:達郎のオフィシャル・ホームページに情報が全然無くて(笑)

C:ファンサイトにあて先が書いてあって入ったんだよね。

当時、そろそろファンクラブの入会を締め切るって噂があってヤバい、とか思って。

クレジットカードも持ってなかったからついでにJACCSカード作ろうかなって。

N:JACCSカードのCMにやられてたもんね?

C:そうそう。

N:俺がJACCSカードのCM集めて荒井(クリスタル)くんに焼いてあげて。
   

M:昔はムラジュンとかでてましたよね?

K:あのシリーズが良くて。曲は「蒼氓」だったし。


(ここで達郎ファンクラブの会報をとりだすクリスタル氏。4人しばし読み込む)

M:かなり濃いですね。達郎直筆のQ&Aコーナーがある(笑)


============================================================


M:クリスタルさんは達郎を聞いてから和モノを掘るようになったんですか?

C:まさにそうだね。和モノLightMellow(書籍)とかも買って色々探すようになって。


M:山下達郎の中で一番好きな曲を教えて下さい。

K:やっぱり「蒼氓」かな。親が『Treasures』を買ってきて。

M:俺も最初に買ったの『Treasures』ですね

K:かなり(「蒼氓」をサンプリングして)使ってるしね(笑)

M:二次使用(笑)

C:須永辰緒さんのミックステープに収録された時、クラブ世代にも受けているって本人が喜んだって話もあるみたいだけど。

K:じゃ喜ばれるかな?

一同:爆笑

M:クリスタルさんは?

C:やっぱり一番はじめに聴いた『JOY』の「LastStep」かな。
 ライブ・バージョンだとロングトーンの長いブレイクがあってやばい。
あと『JOY』はレコード店用のビデオっていうのも存在してるみたいだね。

N:俺は「甘く危険な香り」 
か「Misty Mauve」 だね。「蒼氓」もいいけど。

M:僕は「ターナーの汽罐車」 ですかね。中学生の時とかカラオケで唄ってました。

N:ヤなガキだな~

C:あの曲はけっこう大人の歌だよね。

M:だれも反応してませんでしたけど(笑)

C:でもみんな「クリスマス・イブ」は聴いてたでしょ?
あの曲の使われてたCMがけっこうキュン・キュンする感じで。


K:あれに達郎本人が出てたっていうね。


===========================================================


M:KESさんは「蒼氓」が好きすぎてmixiの「蒼氓コミュ」 の管理人だそうですが(笑)

K:そそ。4人くらいしかいないけど(2009年2月現在はもうちょっと多いです)。

一同:笑

N:何語るのよ(笑)

K:あそこの唄い方がいいとか・・・

一同:爆笑

C:俺も入ろうかな。そういえば蒼氓ってカバーされてるのかな?

N:聞いてみればいいじゃん「情報求む」って。蒼氓コミュの人脈を使って(笑)

(急にパンを食べだすMR.MELODY)

N:何食いだしてんだよ!

一同:笑

M:いや腹が。。。

N:びっくりした(笑)

M:ははは。。達郎ですけどどの年代が好きとかありますか?
 自分的には70年代はブラックミュージック寄りで80年代以降は普遍的なポップミュージックになっていったという印象があるんですが。

C:70年代は吉田美奈子が歌詞を書いていたっていうのも大きいんじゃない?
80年代以降はそのとんがった感じは薄れていくよね。

N:どの時期も好きだけどね。


==========================================================

C:人から聞いた話なんだけど昔サンソンで「Ride on Time」カバー特集があって
そこでスターリンがかかったって。けっこう好意的に取り上げてたみたいだけど。
その人の妄想かもしれないけど(笑)

==========================================================

C:ライブ楽しみだな。来年(2006年)かな?

K:夏くらいじゃない?

N:遅いよ!アルバムの勢い無いじゃん!

K:何公演行きたいとかある?

C:何回かは行きたいな関東近郊のやつは。

K:詳しい人にきいたんだけど何日か同じ場所でやる時に最終日は避けた方がいいんだって。
最終日は会場のバラシとかあるから早めに終わっちゃうみたい。

==========================================================

この対談の収録はアルバム『SONORITE』の発売前。
アルバム発売後にライブをやるという噂だったが結局大規模なツアーは行われず。
2008~2009年のツアーに至るという感じです。

PPPのKESは今回のツアーに行く模様なのでまたレポなど書いてもらう予定です!

trackback(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 達郎対談2005

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.panpacificplaya.jp/mt/mt-tb.cgi/195

コメントする

    
_PPP5009-2.jpg
2009年8月
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31